Araya Piano Studio

 

教室ポリシー


I. レッスン料金

レッスン料金は、一ヶ月分、前払いとなります。料金はその月に何度のレッスンが予定されるかによります。

レッスン料金の請求は、その月の第一日に電子メールによって生徒に送られます。その中にはレッスン料金、テキスト代、コンクール出場費、そして前月からの繰越金等が含まれます。


レッスン料金詳細 (下記の料金は一回分の料金です。月謝ではありません。 税込)


45分       4,000円
1時間      5,000円
1時間15分  6,000円
1時間30分  7,000円
1時間45分  8,000円
2時間      9,000円
2時間15分  10,000円
2時間30分  11,000円
2時間45分  12,000円
3時間      13,000円


出張費 (交通費を含む。税込)

所要時間(片道)

出張費(往復合計)

1~7分

1,000円

8~14分

2,000円

15~21分

3,000円

22~28分

4,000円

29~35分

5,000円

36~42分

6,000円

43~49分

7,000円

50~56分

8,000円

57~63分

9,000円


月謝は次のように計算されます。月謝=レッスン料金Xその月に予定されるレッスン回数。例えばスタジオにて45分のレッスンが4回予定される場合、4,000円 x 4回=16,000円、となります。

レッスン料金は時間によります。一家族に複数の生徒がいる場合、その合計時間を1レッスンとします。例えば、1時間のレッスンと45分のレッスンを行う場合、1時間+45分=1時間45分と計算します。

レッスンを開始する前に、教師、生徒、保護者とともに、1レッスンに必要な時間を話し合います。

受験準備等、特殊な場合を除き、一人に付き、最長レッスン時間は一週間に1時間です。

上記のレッスン料金にはテキスト料金は含まれません。

レッスン料金は1年に一度更新されます。

毎月の請求書には、その月に予定されるレッスンの回数が示されます。普通3~4回、稀に5回となります。

II. レッスン形態オプション

1. 毎週定時レッスン (標準): 一人一回1時間または45分、非常に効果的

2. 隔週定時レッスン (大人のみ): 一人一回1時間以上、第一・第三週または第二・第四週、キャンセル等で月に一度だけのレッスンが発生した場合次月より3.に変更

3. 月一度、不定期レッスン (大人のみ): 一人一回1時間以上、レッスン効果は不明、発表会の準備はほぼ不可能

4. 週2回定時レッスン (就学前の生徒): 通常の45分レッスンを二分割、非常に効果的

5. 都度レッスン: コンクールやリサイタル前の仕上げ、一人一回1時間以上、生徒登録なし

III. お支払い

1 クレジットカード

2 PayPal 支払い

3 三菱UFJ銀行 振り込み

4 ジャパンネット銀行 振り込み

5 日本円現金

6 USドル (PayPal または クレジット)

詳しくは お支払い方法 をご覧ください。

お支払い期限: その月の第10日 (延滞金が発生する場合があります)


IV. レッスンが無かった場合

レッスンが無かった場合、教師は生徒との話し合いにより補習を行います。教師の理由によってレッスンが無かった場合、支払い済みのレッスン料金は、次の月へ繰り越されます。

請求書に基づいて支払われた金額と、実際のレッスン数が食い違った場合、次の月の請求書面によって調整されます。


V. キャンセル

レッスンをキャンセルする場合、予定されたレッスンの48時間前までに教師にお知らせください。もし、その通知が無かった場合は、支払われたレッスン料金は次の月に繰り越されることがありませんのでご注意ください。 生命の危機、災害、危険を伴う悪天候、病気・怪我の場合は例外となり、レッスン料金は繰り越されます。

キャンセルに関する教師への連絡は、出来る限り電子メールでお願いします。レッスン中は電話には出られません。

もしキャンセルの回数が極端に多い場合は、レッスンを中止することがあります。

一ヶ月以上レッスンが無かった場合、理由にかかわらず、確保されたレッスン時間帯は失います。

例えば一家族に2人の生徒がいて、そのうちの一人だけキャンセルする場合、残りの一人の分だけレッスン料がかかります。レッスン料は必ずしも2分の1にはなりませんので、ご注意下さい。この場合も、キャンセルの48時間前までにご通知下さい。

 
VI. 楽器

ピアノの生徒は自宅に練習用のピアノが必要です。ピアノの定義については「よくある質問」をご覧下さい。

教師のスタジオではスタインウェイ、モデルB(211cm)が使われます。


VII. 練習

生徒は一週間に6日間練習しましょう。音楽の勉強は、勤勉かつ継続的な練習によって成功します。

練習に関してはさらに「良くある質問」をご覧下さい。


VIII. 生徒宅への教師の到着 (出張レッスンの場合)

教師はレッスン時刻までに生徒宅に到着するよう努めます。

悪天候や交通事情により20分以上遅刻するような場合、到着前に教師は生徒宅へ電話を致します。その目的は、定刻より遅れてもレッスンが可能かどうか、或いは生徒が補習を希望するかどうか、を確認するためです。

教師の生徒宅への到着時、もしそこに誰もいなかった場合、教師は戸外にて15分以上は待ちません。緊急時等、生徒が家を離れなければならない場合、ドアに張り紙等を残していただければ助かります。上記の両方の場合、支払い済みのレッスン料金は、次の月へ繰り越されることがありません。


IX
. 生徒宅でのレッスン (出張レッスンの場合)

教師のための椅子を一つご用意ください。

教師は飲み物や食べ物を遠慮します。レッスン前、レッスン中、レッスン後、全ての時間に於いて、飲食の時間は確保されておりません。

教師は、レッスン後、直ちに帰ります。

もし、教師の理由によってレッスンが長引いた場合、追加料金は請求されません。


X. 保護者の参観について

保護者の参観は、生徒の集中力を著しく妨げますので、ご遠慮下さい。子どもは保護者から距離を置くことによって集中力を増すことができます。しかしながら、レッスンは基本的にはオープンです。もし、どのようにレッスンが行われているか気になるようでしたら、生徒の目の入らない距離を置いた上で、ご参観ください。

XI. 教師、生徒、保護者の責任

教師はピアノレッスンに関する責任を負います。しかし、それはレッスンの成功を保証するものではありません。生徒が子どもの場合、教師、保護者、生徒の三者の努力が集結してレッスンが成功します。教師の指導に基づいて、生徒は練習しなければなりません。保護者は生徒の練習を監督したり、練習の環境を整えなければなりません。それらの点についてご確認下さい。教師は毎日、生徒の練習の監督は出来ません。

XII.  教室からの連絡

教室から生徒への連絡にはメールが使われます。 教室からのメールは教育目的と教室運営に関する事柄に限られます。 Araya Piano Studioは個人的な目的でメールを送ることはございません。 又、メールは他業者の物売りやビジネスのためには使われません。 

XIII.  個人情報の保護について

Araya Piano Studioは生徒に関する情報として、名前、住所、メールアドレス、電話番号、そしてレッスン情報を伺います。 それ以外の個人情報を伺うことはございません。 個人情報は厳格に守られ、裁判所の命令のある時以外は外部に出ることはございません。

 


以上

 

制作: 新谷 有功 (あらや ゆうこう)

英語メインページ: Araya Piano Studio www.arayapianostudio.com

inserted by FC2 system